金継ぎ工程(割れ)


画面を下の方へスクロールすると次の写真が表示されます。
 

 1 器がよごれないように割れた断面
   以外をマスキングテープや
   セロテープで覆います

   

 2 接着剤としての麦漆を作ります。
   水と小麦粉を混ぜます

   

 3 ねばりがでるまでよく練ります

   

 4 漆と混ぜます

   

 5 よく練ります

   

 6 麦漆の完成

   

 7 麦漆を器の断面に塗っていきます

    

 8 すべての断面に漆を塗ったところ

   

 9 ずれないように破片を張り合わせます

   

10 室(むろ)で乾燥させます
   白いところは破片のないところです

   

11 破片のないところは地の粉と漆を
   練ったもので埋めます

   

12 室(むろ)で乾燥させます

   

13 マスキングテープをはがします

   

14 はみ出た麦漆などを平らに削ります

   

15 耐水紙やすりでさらに平らにします

   

16 金粉(純金)を用意します

   

17 継ぎ目に塗った漆に金粉を蒔きます

   

18 払毛房で漆に金粉を載せていきます

   

19 室(むろ)で乾燥させます

   

20 耐水紙やすりで磨きます

   

21 最後に鯛の牙で磨きます

   

22 拡大したところ

   

23 金継ぎ完了

    

 ここをクリックすると欠けの修理工程が表示されます

トップページ    教室案内    講師作品   金継ぎ注文   アクセス

このページのトップへ

このサイトは、リンクフリーです。 御注文・御問合せは、Email : info@kintugi.jp

© Copywright 2007〜kintug-ya. All rights reserved.